Reuters logo
今週の【マザーズ市場】3月21日~24日『力の源HDやソレイジアなどIPOが賑わう』
2017年3月26日 / 10:08 / 8ヶ月後

今週の【マザーズ市場】3月21日~24日『力の源HDやソレイジアなどIPOが賑わう』


*19:02JST 今週の【マザーズ市場】3月21日~24日『力の源HDやソレイジアなどIPOが賑わう』


【反発、連休明けで反発狙いの買い優勢、IPO2社は初値持ち越し】21日(火)

■概況■1054.55、+19.93
21日(火)のマザーズ市場では、連休明けということもあり、前週末下げの目立ったSOSEI4565を中心に目先の反発を意識した買いが優勢となった。為替相場が円高推移し、日経平均が軟調な展開だったことも、マザーズ銘柄などの中小型株に物色を向かわせたようだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1244.77億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり85銘柄、変わらず3銘柄となった。マザーズ指数は1000pt台半ばでのもみ合いが続いている。


◆注目銘柄◆
SOSEIやビーグリー3981、DDS3782、ミクシィ2121、アカツキ3932などが上昇。前週末に新規上場したJESHD6544も物色を集めた。また、サイバーS3810は一時ストップ高まで買われ、リリースが材料視されたアスカネット2438や直近の通期決算発表から動意を見せているACCESS4813も10%超の大幅高となった。一方、Aiming3911、ドリコム3793、うるる3979、クラウドW3900などが下落。また、JMC5704、レノバ9519、ファイズ9325などの直近IPO銘柄がマザーズ下落率上位に並んだ。

なお、本日マザーズ市場へ新規上場した力の源HD3561とIIF6545は買い気配のまま初値が付かなかった。


------------------------------------------


【反落、地合い悪で利益確定売り、前日IPOの2社は強い初値形成】22日(水)

■概況■1035.79、-36.38
22日(水)のマザーズ市場では、日経平均が400円を超える下落となるなど相場全体の地合いが軟化したことを受けて、前日の上昇に対する利益確定の売りが優勢となった。物色は直近IPO銘柄や材料株の一角に集中する形となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1169.17億円。騰落数は、値上がり52銘柄、値下がり172銘柄、変わらず8銘柄となった。マザーズ指数は前日の上昇分を帳消しにし、1000pt台半ばでのもみ合いが続いている。


◆注目銘柄◆
個別では、SOSEI4565、JESHD6544、アカツキ3932、Aiming3911、ITBOOK3742などが下落。また、前日急伸したサイバーS3810や、足元で利益確定売りが強まっているGNI2160は10%を超える下げとなった。一方、直近IPO銘柄のビーグリー3981やファイズ9325がストップ高水準まで買われた。2月の月次売上高を発表したレントラックス6045も上げが目立ち、アステラス薬4503と共同研究契約を締結すると発表したリボミック4591は朝方急伸した。その他、DDS3782、うるる3979、レノバ9519などが上昇し、アスカネット2438、ミクシィ2121、ACCESS4813は小幅高となった。

なお、上場2日目の力の源HD3561は公開価格の約3.7倍、IIF6545は同約3.8倍となる高い初値を付けた。

-------------------------------------------


【反発、直近IPO銘柄が活況、力の源HDとIIFはストップ高】23日(木)

■概況■1044.13、+10.71
23日(木)のマザーズ市場は、前日下落した銘柄を中心に反発狙いの買いが入ったほか、直近IPO銘柄が活況を見せた。日米の政治イベント睨みで相場全体として方向感が掴みづらい展開となるなか、値動きの軽い直近IPO銘柄が選好されたようだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1144.72億円。騰落数は、値上がり133銘柄、値下がり87銘柄、変わらず13銘柄となった。


◆注目銘柄◆
前日初値を付けたばかりの力の源HD3561とIIF6545がストップ高水準まで買われた。また、直近IPO銘柄のJESHD6544やうるる3979、リリースが材料視されたアクアライン6173、DDS3782、カヤック3904も10%を超える大幅高となった。その他売買代金上位では、ファイズ9325、SOSEI4565、Aiming3911、GNI2160などが上昇した。

一方、前日ストップ高となった直近IPO銘柄のビーグリー3981だが、日々公表銘柄に指定されて急反落。サイバーS3810やエナリス6079は10%超の下落となった。その他、アカツキ3932、ミクシィ2121、アスカネット2438、ドリコム3793などが下落した。

-------------------------------------------


【続伸、主力株へ資金シフトもIPO銘柄などは活況】24日(金)

■概況■1050.67、+6.54
24日(金)のマザーズ市場は、日経平均が想定以上に強い動きとなるなかで、中小型株への関心がやや薄れる状況とはなったが、大引けにかけてはJASDAQ平均とともにやや上げ幅を広げる展開となった。好材料の出た銘柄への値幅取りの動きが活発化したほか、引き続きIPO銘柄の活況状態も継続する格好になっている。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1262.40億円。騰落数は、値上がり141銘柄、値下がり84銘柄、変わらず8銘柄となった。


◆注目銘柄◆
エボラブルA6191が急伸、ベトナム法人が電通とジョイントベンチャー設立と伝わった。また、引け後には東証1部への市場変更が発表されている。アスカネット2438は高速道路での逆走対策技術に選定されたことが材料視されて急伸。REMIX3825も大幅高となる。本日はオロ3983とソレイジア・ファーマ4597が新規上場、ともに公開価格を上回る初値を示現、オロは初値示現後に伸び悩んだが、ソレイジア・ファーマは高寄り後も上値を伸ばした。直近上場銘柄である力の源HD3561も続伸。

一方、DDS3782は前日に買い上げられた反動で安く、直近上場銘柄ではIIF6545、うるる3979、ビーグリー3981などが軟化。カヤック3904などもさえない。


-------------------------------------------



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below