Reuters logo
【中国】IC材料の米インテグリス、福建博純に生産委託
2017年4月2日 / 08:18 / 8ヶ月後

【中国】IC材料の米インテグリス、福建博純に生産委託


*17:12JST 【中国】IC材料の米インテグリス、福建博純に生産委託
半導体(IC)材料大手の米インテグリス(ENTG/NASDAQ)はこのほど、中国投資を拡大すると発表した。IC材料需要を取り込む狙いがある。現地企業の福建博純材料有限公司(Spectrum Materials)が保有する福建省泉州の工場を活用。インテグリスの特殊化学品を生産させる。生産能力の増強を通じ、迅速に中国IC工場に供給する態勢を整える戦略という。経済参考報が29日付で伝えた。

インテグリスが米国、韓国に特殊化学品の工場を保有。中国では、2001年から支社を設置し、IC産業が盛んな北京、上海、西安で営業活動を展開している。インテグリスの16年売上高は約12億米ドル(1334億円)で、世界全体に占める中国エリアの売り上げは足元で10%。今後は数年にわたって中国販売が伸び続けると期待した。将来は自社で現地工場を建設することも検討する。

中国の主要顧客は、ICファウンドリー中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)、LEDチップ中国最大手のアモイ三安光電(600703/SH)、TFT-LCD中国最大手の京東方科技集団(BOEテクノロジー・グループ:200725/SZ)など。IC、LED、ディスプレイの製造業者に幅広く用いられている。

一方、09年に発足した福建博純材料は、香港に総本部を置く。米アリゾナ州に特殊気体の研究・開発センターを擁する。世界最大の水素化ゲルマニウム(GeH4) 生産基地を福建省泉州に整備した。工場の敷地面積は85ムー(1ムー=6.667アール)に上る。


【亜州IR】





《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below