Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:北朝鮮に核、ミサイル開発の余裕を与えている根源は何か
2017年4月6日 / 03:04 / 7ヶ月後

政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:北朝鮮に核、ミサイル開発の余裕を与えている根源は何か


*11:56JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:北朝鮮に核、ミサイル開発の余裕を与えている根源は何か
民進・原口氏は「そもそも北朝鮮に核、ミサイル開発の余裕を与えている根源は何か?北朝鮮系信用組合の破綻処理で政府は1兆1443億円の金銭贈与、2009億円の不良債権等の買取りを行なっている。このうちいくらが国庫に返金されたのか?北朝鮮に渡ることはないのか?」とツイート(4/6)

北朝鮮に対する経済制裁は長期間に及んでいるが、経済が破綻し、ミサイル開発などが頓挫しているわけではない。ミサイル技術は進歩しているとの見方もあり、さまざまな制裁措置が北朝鮮の核開発などの阻止に貢献しているとは言い難い状況となっている。原口氏の指摘はもっともだが、中国、米国の対応を精査することも必要だろう。北朝鮮が弾道ミサイルの開発を単独で行えるとは思えず、第三者による支援が強く疑われている。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below