Reuters logo
FOMC議事要旨の内容公開、SMBC日興証券(花田浩菜)
April 6, 2017 / 2:44 AM / 8 months ago

FOMC議事要旨の内容公開、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:38JST FOMC議事要旨の内容公開、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

昨日、FRB(連邦準備制度理事会)が3/14~3/15に実施されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事要旨を公表しました。4/6付けの「主要通貨デイリー」に概要が紹介されていますので、ご紹介しますね。

同レポートでは、『焦点の一つである今後の利上げペースに関する議論については特に新味なし。トランプ政権の財政政策は景気上振れリスクであり、正当化されれば利上げ見通しを変更する用意はあるとしながらも、不確実性が大きいと判断。今後の動向次第で上向き、下向き双方のリスクがあるとした上で、米国景気が予想通りに推移すれば利上げを緩やかに進めていくのが妥当との見方で概ね一致した。参加者の政策金利見通しで示された、今年計3回の利上げ予想(中央値)というFRBの基本シナリオを再確認する格好となった』と伝えています。

一方で、『もう一つの焦点であるバランスシート縮小を巡る議論については、大半の参加者が、量的緩和策で拡大したバランスシートの縮小を年内に開始するのが妥当との見解を表明』し、『FRBが年内のバランスシート縮小開始も視野にあることの地均しを始めた可能性が窺える』としています。

続けて『この先米国景気が順調に推移すれば、FRBは年末までに2回の追加利上げに留まらず、バランスシート縮小開始という新たな金融緩和縮小策を加える可能性が高まる。日本が量的緩和を続ける中、日米間における金融政策のベクトルの違いはこれまで以上に一段と鮮明化し、先行きドル円に底堅さをもたらす材料になると期待されよう』との見解が述べられており、米国の動向は引き続き要注目です。

詳しくは4/6付の「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。
また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。
花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜





《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below