Reuters logo
米雇用統計は天候要因の振れを均せば雇用の好調推移を示唆、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年4月10日 / 02:50 / 7ヶ月前

米雇用統計は天候要因の振れを均せば雇用の好調推移を示唆、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:49JST 米雇用統計は天候要因の振れを均せば雇用の好調推移を示唆、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

先週は重要な経済指標が複数発表されましたが、なかでも4/7に発表された米雇用統計に結果について4/10付けの「主要通貨デイリー」にまとめられていますので、ご紹介しますね。

同レポートでは、米雇用統計の内容について『非農業部門雇用者数は前月比+9.8万人と、前月(+21.9万人)および市場予想(+18.0万人、Bloomberg調査)を大きく下回る期待はずれの結果に終わった』と伝えています。

ただし、『内訳をみると、製造業が+1.1万人(前月:+2.6万人)と鈍化した他、建設業は+0.6万人と2月(+5.9万人)から増加幅が大きく縮小した点が目に付く。1~2月に記録的な暖冬で押し上げられた反動に加え、3月は気温が低下、特に北東部で荒天に見舞われたことが影響した模様であり、雇用者の増減が天候要因に振り回される形となっている。そうした振れを均すべく1-3月の平均でみると雇用者数は+17.8万人/月。雇用市場は堅調に推移していることが確認できよう』としています。

まとめとして、『今回の雇用統計は一部で期待外れの結果となったが、上述したように天候の影響を考慮すれば、雇用市場が好調に推移していることを再確認する内容だったといえよう。短期的には、中東情勢や東アジアにおける地政学リスクがドルの上値を抑制する展開も想定されるものの、好調な雇用市場に代表される米国景気の良好推移が先行き利上げ期待と相まってドルを下支えすることが期待できよう』との見解が述べられています。

詳しくは4/10付の「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。
花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below