Reuters logo
NYの視点:米政府機関閉鎖リスク、トランプ政権の新たなダメージにも
2017年4月10日 / 22:56 / 7ヶ月後

NYの視点:米政府機関閉鎖リスク、トランプ政権の新たなダメージにも


*07:52JST NYの視点:米政府機関閉鎖リスク、トランプ政権の新たなダメージにも
ニール・ゴーサッジ氏は宣誓し、113代目の米国最高裁判事に就任した。最初の100日の中でトランプ大統領、共和党の大きな勝利と捉えられている。一方で議会は2週間の休暇後、5日間で歳出案を提示し、協議、可決しなければ、28日にも米国の政府機関は再び一部閉鎖の危機に直面することになる。

米国議会の予算は4月28日に失効する。もし、議会が延長を承認しなければ連邦政府は一部閉鎖する危機に陥る。短期的な閉鎖が経済に与える影響は最小限に留まると考えられているものの、閉鎖はトランプ政権にとり新たな打撃となる可能性が警戒される。一部政府機関の閉鎖は、トランプ政権が経済政策で柱としている減税やインフラ出動といった経済の成長を押し上げる政策の実施能力への懐疑的見方を再び強める可能性がある。

トランプ政権は国防費を大幅に増やし、非国防費の削減で補う計画。また、共和党内でも賛否両論があるメキシコ国境の壁の費用捻出も含まれる。3分の1の確率で政府が一部閉鎖する可能性があると言われており、ドルの上値を抑制する要因となる。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below