Reuters logo
NYの視点: 米2月JOLT,依然強い労働市場を示唆
2017年4月11日 / 22:52 / 7ヶ月後

NYの視点: 米2月JOLT,依然強い労働市場を示唆


*07:45JST NYの視点: 米2月JOLT,依然強い労働市場を示唆
米労働省が発表した最新2月のJOLT求人件数は574.3万件と、7か月ぶりの大幅な伸びとなった。2月採用は531万件と、1月の542万件から減少。採用率(Hiring rate)は3.6と、1月3.7から低下した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレンFRB議長は労働市場のスラックを判断する上で同指数を重要視。中でも労働者の自信を表明するとして最も重要視している退職者数は308万人と、1月の319万人から減少した。退職率(Quits rate)は2.1%と1月2.2%から低下した。ただ、危機前の水準はまだ保った。

解雇者数は153万人と5か月ぶりの低水準で、解雇率(Layoffs/discharges rate)は1.1%と1月と変わらず。全般的には労働市場が引き続き強い結果を裏付け。求人数が増加、採用率も安定、解雇も減少している。退職率の低下は唯一マイナス要因とされている。


■イエレンFRB議長の雇用たるみダッシュボード(最新)

◎危機前に比べ状態が改善                    危機前の水準と比較
2月解雇率(Layoffs/discharges rate):1.1%(1月1.1%)        1.4%
3月失業率(Unemploynent rate):4.5%(2月4.7%)       5%
2月求人率(Job openings rate):3.8 %(1月3.7%)         3%
2月退職率(Quits rate):2.1%(1月2.2%)              2.1%

◎状態が危機前より依然悪い
3月広義の失業率(U-6):8.9%(2月9.2 %)             8.8%
3月長期失業率:38.7% (2月37.8%)                          19.1%
3月労働参加率:63.0%(2月63.0%)                            66.1%
2月採用率(Hires rate):3.6%(1月3.7%)         3.8%
3月雇用者数(Nonfirm payrolls):+9.8万人(2月+23.8万人) +16.18万人



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below