Reuters logo
フランス大統領選、反EU大統領の誕生は回避に近づく、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年4月24日 / 03:39 / 7ヶ月前

フランス大統領選、反EU大統領の誕生は回避に近づく、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:30JST フランス大統領選、反EU大統領の誕生は回避に近づく、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

23日にフランス大統領選の第1回投票が行われましたね。4/24付けの「主要通貨デイリー」では、第1回投票結果について考察されていますのでご紹介します。

同レポートではまず、出口調査の結果『極右のルペン候補と中道のマクロン候補が5月7日の決選投票に駒を進めることが確実となった』と伝え、『世論調査によると、7日の決選投票はマクロン候補の勝利が見込まれている。既にフィヨン候補(中道右派)がマクロ候補への投票を呼び掛けたように、ルペン候補以外の支持層が反極右で結集することでマクロン候補が大統領に就任し、懸念されたフランスでの反EU大統領の登場は回避される公算が大きくなったと言えよう』と見ています。

この結果を受けた為替市場については『週明けの為替市場はリスクオンで反応。ユーロが対米ドルで昨年11月10日以来の高値をつけた他、ドル円は一時110.64円と約2週間ぶりに110円の大台を回復した(4/24午前7時現在)』と報告しています。

最後に、『今週のドル円は、仏政治イベントを無難に通過したことへの安心感がサポート要因となるが、一方で気になるのが北朝鮮情勢だ。同国では25日の朝鮮人民軍創設85周年記念パレードに合わせて何らかの挑発的行為が行われる可能性が指摘されている。その際、核実験などに踏み切るようだと、米国の対応などを含め地政学リスクの高まりが嫌気されることも想定され注意が必要である』と見解を述べています。

詳しくは4/24付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below