Reuters logo
VIX指数が歴史的な低水準となるなかドル円は一段と底堅さを増すか、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年5月10日 / 02:34 / 6ヶ月後

VIX指数が歴史的な低水準となるなかドル円は一段と底堅さを増すか、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:30JST VIX指数が歴史的な低水準となるなかドル円は一段と底堅さを増すか、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

欧州時間入り後に米金利の上昇を材料にドル買い円売りの動きが進行しましたね。5/10付けの「主要通貨デイリー」では、今後のドル円相場についてまとめられていますのでご紹介します。

同レポートではまず、文氏の韓国大統領就任について『北朝鮮に融和的とみられている同氏の大統領就任により、米国の北朝鮮に対する圧力を通じた外交による効果が弱まるようであれば、地政学リスクが再浮上する可能性が一部で懸念されている』と紹介しています。

続けて、『もっとも、これまでドル円の上値を抑えてきた仏大統領選を無難に通過したことを受け、ドル円は短期的な節目を突破。9日に約2ヵ月ぶりに114円台を一時回復するなど、底堅さを増している。投資家の不安心理を指数化したVIX指数は8日に1993年12月以来の水準まで低下しており、韓国大統領選に対する市場の警戒感は高くないことが窺える。こうした状況を踏まえると、米国の北朝鮮に対する外交の影響力が低下した場合でも、過度なリスク回避色の強まりによるドル大幅下落は回避されるとみている』と考察しています。

続けて、『目先のドル円を占う上で、来週にかけて相次ぐFOMC(連邦公開市場委員会)メンバーの発言に注目される。FOMC後の講演となるため、6月利上げやFRB(連邦準備制度理事会)のバランスシート縮小開始のタイミングに関する発言に着目したい。市場は既に6月利上げをほぼ織り込んでいるが、年内計3回の利上げは十分に織り込んでいない。先行きの利上げに前向きな姿勢が示されれば、ドルの押し上げ要因となろう』と分析しています。

詳しくは5/10付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below