Reuters logo
中国:北京で中古住宅の取引急減、仲介大手が大量閉店
2017年5月15日 / 00:39 / 6ヶ月後

中国:北京で中古住宅の取引急減、仲介大手が大量閉店


*09:32JST 中国:北京で中古住宅の取引急減、仲介大手が大量閉店
中国北京市で3月17日、不動産価格の高騰を抑制するための購入規制策が発表されたことを受けて、4月以降、同市内で中古住宅の取引が急減している。住宅売買仲介業者の北京鏈家房地産は、これまでに北京市内の店舗87カ所を閉鎖した。央視財経が10日付で伝えた。
北京市の住宅・都市農村建設委員会によると、中古住宅の「網簽」(購入契約が交わされた住宅の当局への登録)件数は4月に1万6902件。前月比で35%減、前年同月比で36%減と落ち込んだ。
北京鏈家房地産をめぐっては最近、「中古住宅の売買が急激に減少したため、北京市内の300店舗を閉鎖した」と報じられていた。ただ同社によると、実際の閉鎖店数は87カ所で、対象は主に高級中古住宅を扱う店舗や、住宅を商業用に貸し出す業務を行う店舗、オフィス街の店舗など。同社は「新たな不動産市場調整策に合致しない一部の店舗を閉鎖した」と説明している。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below