Reuters logo
【中国】針灸治療後に全身麻痺、頸部に「折れた針」残留か=四川
2017年5月20日 / 23:08 / 6ヶ月後

【中国】針灸治療後に全身麻痺、頸部に「折れた針」残留か=四川


*08:03JST 【中国】針灸治療後に全身麻痺、頸部に「折れた針」残留か=四川
四川省成都市に住む49歳の高英さんは針灸の電気治療を受けた後、頸部に激しい痛みを感じた。その後、身体が徐々に麻痺し、現在はICU(集中治療室)で治療中。CT検査の写真には、頸部に折れた針のような「異物」が見られたという。同市新都区衛生局が現在、針灸治療をした医者を調査している。成都商報が伝えた。

高さんは半年前に脊椎の手術を受けた。その後、家業の茶店で杖を使いながらも接客できるまでに回復。より早い回復を目指し、4月11~17日に毎日約1時間、計7回の針灸治療を受けた。ただ、同24日には身体が麻痺しはじめ、成都大学附属医院に入院した。

主治医によると、入院後に撮影したCT写真には左右の頸肩部軟組織に折れた針のような「異物」が存在したが、その後の検査で「異物」は見られなくなった。体内で移動した可能性があるという。高さんは頸脊髄損傷、敗血症などを発症。主治医は「最善の治療は命を保つことで、頸部より下は麻痺が残るだろう」と述べている。

針灸治療を行った医者は、高さんがICUに入院した際に11万人民元(約180万円)を賠償したが、自身の責任は否定。「“憐憫の情”から賠償した」と述べた。成都中医薬大学の盧先明・教授は、針灸の電気治療自体には問題がなく、標準的な治療法と話している。

【亜州IR】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below