Reuters logo
NYの視点:メルケル独首相、G7での批判けん制か
2017年5月22日 / 22:45 / 6ヶ月後

NYの視点:メルケル独首相、G7での批判けん制か


*07:42JST  NYの視点:メルケル独首相、G7での批判けん制か
G7(先進7か国)首脳会議の開催を今週後半に控え、ドイツのメルケル首相は、「ユーロが弱すぎる」と、ユーロ安牽制発言を行った。G7首脳会議は26−27日にかけてイタリア、シシリーで開催される。

メルケル首相は、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和を背景とするユーロ安が域内の輸出品を割り安にし、貿易黒字に繋がっていると指摘した。また、原油安も貿易黒字の要因として挙げた。内需はすでに景気を牽引しているが、国内投資を一段と拡大することが可能だとした。

米国財務省は4月中旬に公表した半期に一度議会に提出する為替政策報告の中で、通貨操作国にあてはまる国はなかったと報告。しかし、貿易黒字を計上しているドイツを通貨監督リストに含めた。当局が通貨安を目指した金融政策を実施していると、トランプ大統領もたびたび、中国、日本などとともにドイツを非難。2016年度米国の対ドイツの貿易赤字は650億ドルに達した。

メルケル首相のユーロ安是正発言は、米国などからの非難を回避するためとも考えられる。G7では、貿易、保護主義が主要議題になると見られている。G7後はユーロ買いが一段落する可能性もある。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below