Reuters logo
ロシア発の自殺ゲーム「Blue Whale」、中国でも流行
2017年5月25日 / 00:39 / 6ヶ月前

ロシア発の自殺ゲーム「Blue Whale」、中国でも流行


*09:32JST ロシア発の自殺ゲーム「Blue Whale」、中国でも流行
中国共産党系の新聞・光明日報は22日、中国の若者の間で最近流行しているロシア発の“自殺ゲーム”「藍鯨(Blue Whale)」について、「被害者の多くは10代の若者で、青少年の孤独感につけ込んだものだ」と分析する記事を掲載した。
このゲームはロシアの大学で心理学を学んでいた男が開発したもので、参加者はインターネット上のグループを通じて、50日間、ミッションをクリアしていくという内容。ただ、ミッションは「ホラー映画を見続ける」「自らの身体を傷つける」といった内容で、50日目は「自殺する」になっているという。ロシアでは実際、自殺者が出ている。
こうした内容が自殺・自傷を教唆するものだとして、中国でも当局やネットサービス会社が規制を開始した。光明日報は記事の中で、「被害者の多くは10代の若者。ゲームは青少年に特有な孤独感につけ込み、バーチャルな世界に引きずり込むものだ。社会の価値観に反逆し、不良ぶりたいという意識を刺激しており、現実とバーチャルの融合によってあっという間に大きな影響力を持った」と分析した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below