Reuters logo
中国で住宅取得ストレス増大、北京は賃金51.2年分に高騰
2017年5月25日 / 23:55 / 6ヶ月後

中国で住宅取得ストレス増大、北京は賃金51.2年分に高騰


*08:53JST 中国で住宅取得ストレス増大、北京は賃金51.2年分に高騰
平均月収に対する住宅価格を算出したところ、首都の北京市が中国で最も高値にある実態が改めて示された。各都市で80平米の住宅を購入すると仮定。生活支出などを無視し、1人当たり平均収入の何倍(何年分)に相当するかを求めている。吉網が25日に伝えた。
北京市民の場合、1人当たり月額賃金は平均6906人民元。年間で8万2872人民元に達する。ただ、1平米当たりの住宅価格は5万3087人民元で推移。80平米住宅の相場は424万6960人民元と高額だ。生活費や金利などの支出を考慮しない場合、単純計算で51.2年を擁することとなる。
同じように試算すると、上海が48.5年(月額平均賃金6378人民元、1平米当たり価格4万6423人民元)、広州が30.6年(月額平均賃金4811人民元、1平米当たり2万2051人民元)など。
半面、東北エリアの省会(省政府の所在都市)は、住宅取得ストレスが比較的に低い。長春が11.1年(月額平均賃金3968人民元、1平米当たり6580人民元)、瀋陽が12.2年(月額平均賃金3887人民元、1平米当たり2万7103人民元)、ハルビンが12.8年(月額平均賃金3834人民元、1平米当たり7374人民元)と算出された。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below