Reuters logo
中国艦隊がインド洋で初の実弾演習、遠洋作戦能力を確認
2017年5月31日 / 03:12 / 6ヶ月後

中国艦隊がインド洋で初の実弾演習、遠洋作戦能力を確認


*12:08JST 中国艦隊がインド洋で初の実弾演習、遠洋作戦能力を確認
中国海軍は30日、インド洋で29日に実弾射撃演習を行ったと発表した。演習では、駆逐艦「長春」やミサイル護衛艦「荊州」などが海上の浮標に向けて主砲を発射。中国海軍がインド洋で実弾演習したのはこれが初めてという。艦隊指揮官によると、実弾演習は遠洋での作戦能力を確かめることが目的で行われた。台湾メディアなどが30日伝えた。
「長春」「荊州」と遠洋総合補給艦「巣湖」で組織された艦隊は、親善訪問のため、180日間かけてアジア、欧州、アフリカ、オセアニアの20カ国余りを訪れる。艦隊は先にミャンマー訪問を終え、バングラデシュに向かっていた。
台湾メディアによると、艦隊の派遣は中国が将来空母艦隊を運用する場合の基盤になるほか、中国の影響力を強化する狙いがあるとみられ、各国を刺激する恐れがある。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below