Reuters logo
NYの視点:湾岸諸国などがカタールとの断交宣言、原油相場への影響を注視
2017年6月5日 / 23:02 / 6ヶ月前

NYの視点:湾岸諸国などがカタールとの断交宣言、原油相場への影響を注視


*07:57JST NYの視点:湾岸諸国などがカタールとの断交宣言、原油相場への影響を注視
報道によると、バーレーン政府は5日、安全保障上の理由からカタールとの国交断絶を宣言した。その後にサウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、モルジブ、イエメン、リビアもカタールとの国交断絶を宣言している。

報道によると、バーレーン、エジプト、サウジアラビアの各政府は、国家安全保障上の理由でカタールとの航空便の運航を停止することも明らかにした。バーレーン政府は「カタールはバーレーン王国における安全と安定に関連する状況を揺さぶり、内政に干渉し、マスコミでの状況エスカレートと煽動を続け、テロ活動の支援を止めようとしないため国交断絶の措置に踏み切った」と発表している。

カタール外務省はバーレーン、エジプト、サウジアラビアおよびアラブ首長国連邦のカタールに対する国交断絶の決定を不当だとする声明を発表したが、市場関係者は米国の対応に注目している。今のところNY原油先物に大きな動きは出ていないが、今回の動きが原油供給に影響を与えるかどうかを慎重に見極める必要があるとの声が聞かれている。



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below