Reuters logo
【中国】メタンハイドレート開発加速へ、商業化には15~20年必要
2017年6月11日 / 13:17 / 5ヶ月後

【中国】メタンハイドレート開発加速へ、商業化には15~20年必要


*22:11JST 【中国】メタンハイドレート開発加速へ、商業化には15~20年必要
「100年以上の消費需要を満たす有望なエネルギー源」として、中国政府がメタンハイドレートに期待を寄せている。中国当局は5月18日、海底メタンハイドレートの連続試掘に世界で初めて成功したと発表。生産に向けた動きを加速する方針を打ち出した。ただ、商業生産に向けたハードルは低くない。技術やコストの面で、まず解決すべき課題があるためという。経済参考報などが5日付で伝えた。

中国のメタンハイドレート研究・調査は急ピッチな成長を達成。先進諸国より遅く1998年に着手にたにもかかわらず、すでに世界の先端レベルに追い付いたという。米国やカナダ、日本の水準を超えたと主張している。

中国資質調査局は、メタンハイドレートの「クリーンエネルギー」としての側面も重視し、汚染排出が相対的に少ない有望エネルギーになると紹介。1立方米当たり164立方米の天然ガスが得られると補足した。

中国は2030年までの商業開発・生産を目指すスタンス。国土資源部の中国地質調査局によると、南シナ海北部の海域「神狐」で調査試掘を展開し、水深1266メートルの深海で可燃ガス生産に成功した。1日当たり最大で3万5000立方メートルを生産したとされる。

中国のメタンハイドレート資源量は、原油換算で800億トン超。化石燃料の2倍の規模に相当する。世界のメタンハイドレート資源のうち、97%は海底に埋蔵。そのうち90%は、「神狐」のような砂の層に蓄えられている。

一方、具体的な商業開発には、乗り越えなければならない障害も多い。分布エリアが広範なことに加え、海底地層の砂を同時に吸引してしまうためだ。パイプがすぐに詰まってしまうという難題を解決するためには、新たな技術を開発する必要がある。



【亜州IR】


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below