Reuters logo
米国の6月利上げは100%?!ではFOMCではどこに注目すべきなの? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年6月13日 / 09:30 / 5ヶ月前

米国の6月利上げは100%?!ではFOMCではどこに注目すべきなの? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*18:26JST 米国の6月利上げは100%?!ではFOMCではどこに注目すべきなの? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

今週のイベントで注目!と言えば、13-14日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)ですよね。ここで政策金利(FFレートの誘導目標水準)は現在の0.75%-1.00%から1.00%-1.25%に引き上げられる見込みとなっています。

レポートでは、利上げの確率について、『今週14日には、FOMCから政策金利の発表が行われます。FF金利による6月の利上げ確率は、6月11日時点で初めて100%となりました。ちなみに3月15日のFOMCで利上げが発表されましたが、3月12日時点でのFF金利による利上げ確率は95%まで上昇しておりました』と伝えています。

そして、『FF金利による利上げ確率が100%まで上昇していることから、今週14日のFOMCで利上げが発表されても織り込み済みとなりそうです』と分析しています。

前回(5月3日)公表されたFOMCの声明では、「消費の拡大継続を支える経済の基礎的諸条件は、引き続き堅調」、「企業の設備投資は安定している」との見解が表明されており、現時点でもこの状況は変わっていないことから、追加利上げが決定されることは妥当な判断といえそうですね。

レポートでは、市場の注目ポイントについて、『市場の注目は、14日のFOMC閉幕後の「イエレンFRB議長会見」となりそうです。その会見内容で今後の利上げペースの手掛かりを探る展開となりそうです。それを受けてドルが動く可能性があります。NY金などドルの値動きの影響を受けやすい銘柄は、「14日のイエレンFRB議長会見」に注目でしょう』との見解を示していますので、イエレンFRB議長会見をしっかりチェックしていきたいですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の6月12日付「FOMCを睨んで」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below