Reuters logo
【中国】中国の自転車シェア2社がシンガポールで“火花”、海外進出加速へ
2017年6月18日 / 13:06 / 5ヶ月後

【中国】中国の自転車シェア2社がシンガポールで“火花”、海外進出加速へ


*22:01JST 【中国】中国の自転車シェア2社がシンガポールで“火花”、海外進出加速へ
中国の自転車シェアリング(レンタサイクル)大手が市場開拓中のシンガポールで、徐々に存在感を増している。今年2月に進出した「ofo(共享単車)」は現在、人口500万人のシンガポールで10万人の登録ユーザーを獲得。「Mobike(摩拜単車)」も3月にシンガポール参入を発表した後、着実に利用者を増やしている。市場シェアの面では、地元企業の「oBike」が依然として優勢だが、街のいたる所で中国勢2社の自転車を目にするようになり、市場競争が過熱の兆しを見せているという。中国メディアが12日伝えた。

シンガポールではマイカー規制が実施されているほか、タクシー料金が比較的高いことから、自転車シェアリング市場が拡大する素地があるとみられている。現在の主なプレイヤーは、冒頭に挙げた「oBike」「ofo」「Mobike」の3社。いずれも利用料金は1時間当たり10人民元(約160円)前後と、中国の料金水準を大幅に上回る。地元の中国よりも採算の良いビジネスが見込めることから、中国勢2社はシェア用自転車をさらに市場に投入し、稼働数の拡大を図る考えだ。

また、「現地化」の取り組みも進めている。例えば「ofo」は、5月にシェア用自転車をリニューアルし、外観だけでなく機能面での改良を行った。シンガポールは高温多湿なため、耐腐食性の高いアルミ製車体を採用したほか、坂道の多い地形を考慮して減震性を高め、3段変速機を装備するなどの工夫を行っている。

中国勢の海外進出は今後も加速しそうだ。今月1日の報道によると、「Mobike」の王暁峰・最高経営責任者(CEO)は海外メディアの取材に対し、2017年内に世界150~200都市に進出する計画を明らかにしている。現地のモバイル決済企業やクレジットカード会社などと提携し、サービスを拡大していく構えだ。

ただ、海外進出を進めていく上で、駐輪問題など解決すべき課題も多い。シンガポールでもすでに、シェア用自転車のマナー違反駐輪がメディアなどで取り上げられるようになり、当局が撤去に乗り出す事態となっている。



【亜州IR】


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below