Reuters logo
米国大手不動産会社リオロジー社 日本再進出への最優先事項
2017年6月19日 / 03:16 / 5ヶ月後

米国大手不動産会社リオロジー社 日本再進出への最優先事項


*12:13JST 米国大手不動産会社リオロジー社 日本再進出への最優先事項
 米国の不動産事業持株会社リオロジー社(本社・ニュージャージー州)の新CEOのジョン・ペイトン氏が、14日、副社長のリッチ・グリーン氏、CB最高執行責任者のジョン・フィッシャー氏と共に来日し、記者会見を開き、コールドウェルバンカー(以下、CB)の日本進出に向けた事業説明を行なった。


 リオロジー社は、CBのほか「Century21」「ERA」「List/Sotheby‘sINTERNATIONAL REALTY」「Better Homes and Gardens」などのブランドを所有しており、世界113カ国で1万4,000以上のオフィス、約27万5,000人のエージェントを抱えている。

 ジョン・ペイトン氏は富裕層の拡大、国際的視野をもちあわせた若い世代の増加、2020年に開催される東京オリンピックによる住宅需要の拡大など日本市場のポテンシャルの高さについて触れ、「日本は世界2位のフランチャイズ国であり、売り上げは年間約241億ドルにのぼる。われわれのFCモデルは、日本の住宅市場において大いに収益をもたらすと確信している」と述べた。


 CBはすでに一年前に日本進出を表明しており、そのことについて質問が及ぶと「候補者を厳選しているので時間がかかっているが、最有益、最有力の間違いのないパートナーを選出ことが最優先事項だ」と述べ、「できれば今年いっぱいには終えたいが、もし決定に至らなくても時間的な問題は最優先しない」と慎重な姿勢をみせている。

(大道)

記事提供:大紀元
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below