Reuters logo
相次ぐFOMCメンバーの講演に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年6月19日 / 02:36 / 5ヶ月後

相次ぐFOMCメンバーの講演に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:34JST 相次ぐFOMCメンバーの講演に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

先週開催されたFOMCでは米長期金利の引き上げやバランスシート縮小が発表されましたね。6/19付けの「主要通貨デイリー」では、ダドリーNY連銀総裁などFOMCメンバーの講演がドル円に及ぼす影響について考察されていますのでご紹介します。

同レポートではまず、先週のドル円の動きについて、『先週のドル円は週後半にかけてドル高円安が進行し、16日には2週間ぶりに111円台を一時回復したものの、市場予想を下回る米経済指標結果を受けた利上げ期待の後退からドルが売り戻される展開となった』と伝えています。

さらに、仏国民議会選が無難な結果となりそうなことから、『そうした中、今週はFOMC(連邦公開市場委員会)メンバーの講演が相次ぐ。ほとんどのメンバーがFOMC後初の講演となるだけに、発言内容が注目される。特に、FOMC中核メンバーであるダドリーNY連銀総裁(19日)やフィッシャーFRB(連邦準備制度理事会)副議長(20日)、パウエルFRB理事(22日)に注目したい』とドル円の焦点が米金融政策に集まるとの見解を示しています。

続けて、今後のドル円について『FOMC(13~14日)では良好な米経済見通しを背景に改めて今年計3回の利上げ見通しが示されたが、市場の織り込みは足元で4割程度に留まっている。米経済指標が好悪入り交じるなか、メンバーの自信とは裏腹に市場は利上げに対して慎重な姿勢を崩していない格好だ。FOMCメンバーが米経済やインフレ見通しに自信を示せば、利上げ期待の高まりがドル円をサポートしよう』と分析しています。

詳しくは6/19付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below