Reuters logo
NYの視点:トランプ政権が税制改革の年内実施を確約も懐疑的見方払拭せず
2017年6月20日 / 23:06 / 5ヶ月前

NYの視点:トランプ政権が税制改革の年内実施を確約も懐疑的見方払拭せず


*08:00JST NYの視点:トランプ政権が税制改革の年内実施を確約も懐疑的見方払拭せず
トランプ政権は、ロシア絡みの疑惑がくすぶる中、ようやく経済政策の実施に向けて本格的な取り組みを開始した。コーカー上院議員は、共和党のヘルスケア法案を22日にも公表する見通しを示した。さらに、政府は9月の最初の2週間に、税制改革の最終案を発表し、速やかに上下院での採決に持ち込みたい考え。国家経済会議(NEC)のコーンNEC委員長が明らかにした。

政府は、現在のところ、税制改革に関する概要を1ページにまとめたものを発表しただけ。概要では、1.所得税、税率区分7段階から3段階に簡素化」2.「我々は遺産税と代替ミニマム税を廃止」3.税制控除の項目で、州税を取り除く、「住宅ローン、チャリティのような、理にかなう控除を残す方針、4. 法人税を現行35%から15%へ引き下げ、5.低中所得層の個人の税率引き下げ、などが提示された。

ライアン議長は全米製造業者協会(NAM)向けの講演で、3%成長を達成するためにも税制改革の実施が必至と強調。年内に完了させることを公約したほか、税制改革は恒久的であるべきだと主張した。ムニューシン米財務長官も当初、目指していた8月の夏季休暇入り前の議会採決の可能性は低くなったが、9月に採決、年内の実施を最優先課題にするとした。ライアン議長はまた、CNBCとのインタビューで、税率をできるだけ低い水準に引き下げることを目指すとしたほか、国境税案も依然選択肢のうちだとした。

ただ、こういった取り組みに対する市場の反応は鈍い。トランプ政権が年内に税制改革を実施することは「困難」と、懐疑的見方は払拭できない。



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below