Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・逢坂氏:公文書管理の抜本的な法改正が必要
2017年6月22日 / 06:32 / 5ヶ月後

政治から読み解く【経済と日本株】民進・逢坂氏:公文書管理の抜本的な法改正が必要


*15:27JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・逢坂氏:公文書管理の抜本的な法改正が必要
民進・逢坂氏は「加計、森友、PKO日報、いずれも公文書管理が滅茶苦茶だ。菅長官は行政文書の管理に関するガイドラインを見直すと述べたが、これは期待できない。一年未満文書を廃棄しないこと、組織共用性を見直すことなど、抜本的な法改正が必要。そうしなければ抜け穴だらけで、公文書管理の質は上がらない。」とツイート(6/22)


共謀罪法が来月11日に施行されることが確定したが、行政文書の管理状況などを見る限り、共謀罪法の運用にはさまざまな問題が生じる可能性が高い。行政文書が無罪の証明や証拠物件となりうるケースがもありそうだが、施行前に行政文書の杜撰な管理状況を改める必要がある。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below