Reuters logo
国際的仮想通貨取引展開を視野に「WORLD-CHECK ONE(ワールドチェックワン)」を採用
2017年6月27日 / 05:57 / 5ヶ月後

国際的仮想通貨取引展開を視野に「WORLD-CHECK ONE(ワールドチェックワン)」を採用


*14:50JST 国際的仮想通貨取引展開を視野に「WORLD-CHECK ONE(ワールドチェックワン)」を採用

株式会社リミックスポイント3825の子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、国際的な情報企業トムソン・ロイターの日本法人であるトムソン・ロイター・ジャパン株式会社の顧客確認(KYC)およびサードバーティ・スクリーニングソリューションである「WORLD-CHECKONE(ワールドチェックワン)」を採用し、国際的な仮想通貨取引を展開するにあたって、マネー・ロンダリング(AML)や金融犯罪などの未然防止のためのリスク識別作業を効率的に行うためのスキームを導入することを決定した。
ビットポイントジャパンは、「安全・安心な仮想通貨取引所」として、顧客全員について取引時の本人確認および反社チェック、24時間365日の不正取引監視等の取組みを行ってきた。
今後、香港・上海を皮切りに、海外での仮想通貨取引所に対して仮想通貨取引システムを提供することや、合弁会社を設立することで、仮想通貨取引所の世界的ネットワーク構築を計画している。
その時に重要となってくるのがコンプライアンスの徹底である。とくに、マネー・ロンダリング対策や顧客確認の対策を拡充する必要がある。また、国際的な展開をするうえでは、反社会的勢力や反市場的勢力のみならず、公的要人(PEPs)の確認等の重要性も増してくる。

■「WORLD-CHECKONE」

トムソン・ロイターの世界的ネットワークを活用した顧客確認(KYC)およびサードパーティ・スクリーニングソリューションで、世界主要国のグローバルデータベースをもとに構築され、金融犯罪リスク、取引リスク、レピュテーションリスクを識別できるものとなっている。
ビットコインジャパンとしては、「WORLD-CHECKONE」を採用することで、マネー・ロンダリング対策(AML)や顧客確認(KYC)対策の効率化を図ることで、仮想通貨取引システムの海外展開を本格化し、「安全・安心な仮想通貨取引」の輪を広げていくことを実現していく予定だ。


【ニュース提供・エムトレ】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below