Reuters logo
外為どっとコム、マイクロソフトのMRツール専用のマーケット情報閲覧ツールを開発
2017年6月27日 / 22:33 / 5ヶ月前

外為どっとコム、マイクロソフトのMRツール専用のマーケット情報閲覧ツールを開発


*07:25JST 外為どっとコム、マイクロソフトのMRツール専用のマーケット情報閲覧ツールを開発

外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける外為どっとコムは27日、日本マイクロソフトのパートナーである南国ソフト社と共同で、為替レートなどのマーケット情報を閲覧できるツール「Market MR」(マーケットエムアール)を開発したと発表した。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)型のMRデバイスである「マイクロソフト・ホロレンズ(Microsoft HoloLens)」の専用アプリとして、Windows Storeにて近日公開されるという。

マイクロソフト・ホロレンズは、操作をジェスチャー、視線、音声で行うことができるゴーグル型のホログラフィックコンピューター。ホロレンズ専用アプリであるMarket MRでは、レンズを通して見える仮想空間上に、外国為替レートやチャート、経済ニュースなどを表示することができる。MR(Mixed Reality)技術=「複合現実」を使ったマーケット情報閲覧ツールとしては日本初となる(※日本初:WindowsStore内 外為どっとコム調べ)。

Market MRは2017年6月28日~30日に東京ビッグサイトで開催される国際総合展「コンテンツ東京2017」にて展示される予定(「VR・ARワールド」の南国ソフトブース)。

外為どっとコムは、FX(Foreign Exchange)=「外国為替証拠金取引」草創期の2002年に設立された独立系FX企業である。44万人の顧客(法人含む)から1,100億円超の資産(保証金残高)を預かる。創業15年を迎え新卒採用にも踏み切るなど一層の事業拡大に向けた取り組みを加速させている。傘下には、外国為替に特化したシンクタンク子会社「外為どっとコム総合研究所」がある。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below