Reuters logo
2017年下半期のイベントスケジュールを先読み~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)
2017年6月29日 / 02:30 / 5ヶ月前

2017年下半期のイベントスケジュールを先読み~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)


*11:29JST 2017年下半期のイベントスケジュールを先読み~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラントジャーナルのコラムで「2017年後半のスケジュール」の記事を見つけましたのでご紹介いたします。

今年も後半に入る7月前に、2017年の下半期のスケジュールを確認しておきましょう。『年後半にも多数のイベントが予定されており、その結果によっては短期的に市場のボラティリティが急騰する可能性がるため、警戒は怠らないほうがよさそう』だと同コラムでは述べています。

下半期の重要イベントとして、FOMC、ECB理事会、日銀金融政策決定会合、ジャクソンホール会議など【8イベント】を同コラムではとりあげています。

今回は8イベントの中からジャクソンホール会議についてお伝えします。ジャクソンホール会議とは、カンザスシティー連邦準備銀行が主催する経済シンポジウムのことで、8/24-26に開催されます。コラムによると『この会議は、世界各国の中央銀行総裁や著名な経済学者、エコノミストなどが多数参加するもので、会議内外での発言や合意内容については世界中から注目』されることがあるようです。昨年は、イエレンFRB議長やフィッシャー同副議長の発言を受けた早期利上げ観測の高まりから、【米ドル対円相場が大きく円安ドル高】に進みました。今年もアメリカの金利動向には注目が集まっていますので、金融政策関係者の発言に注目が集まそうですね。


その他、5年に一度の中国共産党大会についても触れています。『GDP世界2位の中国経済の先行き懸念や人民元相場の下落は世界経済に影響を及ぼすかもしれません』と同コラムでは締めくくっています。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の6月29日付のコラム「2017年下半期のイベントスケジュールを先読み」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below