Reuters logo
QRコードでビットコイン決済。『モバイル決済 for Airレジ』取扱開始。メガネスーパーが導入。
2017年7月4日 / 03:58 / 5ヶ月後

QRコードでビットコイン決済。『モバイル決済 for Airレジ』取扱開始。メガネスーパーが導入。


*12:49JST QRコードでビットコイン決済。『モバイル決済 for Airレジ』取扱開始。メガネスーパーが導入。

株式会社リクルートライフスタイルが提供する訪日外国人を呼び込む決済サービス『モバイル決済forAirレジ』は、2017年7月3日(月)より、仮想通貨ビットコイン決済の取り扱いを開始した。また、2017年7月10日(月)からは、株式会社メガネスーパーが運営する全国の「メガネスーパー」全334店舗でも、ビットコイン決済が導入されることとなった。

■「モバイル決済forAirレジ」取り組み概要

「モバイル決済forAirレジ」は、「支付宝(アリペイ)」や「LINEPay」の決済サービスに対応している。QRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービス。これまでに商業施設や飲食店、ドラッグストアなどさまざまな店舗に導入されている。
ビットコインは、インターネット上でやり取りされる仮想通貨で、その特性上、簡単に決済ができるため、世界では欧米を中心に利用者数が1300万人以上、対応店舗数は世界で10万店舗以上と拡大している。
また、「ビットコイン」決済を含む『モバイル決済forAirレジ』を新規で利用する場合、店舗側はiOS対応のスマートデバイスとインターネット環境を用意するだけで、初期費用は必要ない。さらに、店舗は、売上を決済時のレートに従った日本円で受け取ることができるため、「ビットコイン」の価格変動リスクや為替リスクがない。


【ニュース提供・エムトレ】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below