Reuters logo
金の魅力が低下、東京金もしばらくじり安基調か? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年7月6日 / 00:51 / 5ヶ月後

金の魅力が低下、東京金もしばらくじり安基調か? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*09:45JST 金の魅力が低下、東京金もしばらくじり安基調か? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
私の周りでも金に投資している方が多いので、今日は金相場についてレポートします。

足元の値動きについてレポートでは、『NY金が1カ月前の高値(1295ドル)から78ドルほど下落しましたが、その間にドル円が109円付近から4円ほど円安に進みました。それによりNY金の下落を円安が少し相殺するかたちとなり、東京金は、1カ月前から90円幅ほどの下落に留まっております』と伝えています。

歴史的に、金価格と株価とは逆相関する傾向にあります。そこで、アメリカの株価はどうかというと、『米国の経済回復が今月で9年目を迎え、過去最長の景気拡大まであと1年強に迫りました。それによりNYダウも昨年11月頃から最高値の更新を続けております。そして、NYダウは、リーマン・ショック前である2007年の高値(1万4198ドル)から7364ドルほど高値更新しました』とレポートでは紹介しています。

そして金価格に関しては、米10年債利回りの高騰から、『ここまでリスクオンの流れが強まると、「リスクヘッジの金投資」に対する関心が薄れても仕方がありません。しかも、米10年債利回りが6月27日から5連騰となり、「金利のつかない金投資」に対する魅力が低下しました。それにより東京金もしばらくじり安基調が続くのかもしれません』との見解を示しています。金の買い入れを考えている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の7月5日付「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below