Reuters logo
日本の航空自衛隊と米空軍機B-1B 東シナ海で初の夜間訓練
2017年7月8日 / 03:20 / 5ヶ月前

日本の航空自衛隊と米空軍機B-1B 東シナ海で初の夜間訓練


*12:14JST 日本の航空自衛隊と米空軍機B-1B 東シナ海で初の夜間訓練
 米空軍は7月6日、日本の航空自衛隊と東シナ海上で行った初の共同訓練で「戦闘能力を高めた」と発表した。中国やフィリピン、ベトナムなど数カ国が領有権を主張する南シナ海を、国際領域とみなしていることを示した格好だ。


 テキサス州の空軍基地から発信した米軍の戦略爆撃機B-1Bランサーが、日本の自衛隊の戦闘機F-15の2機とともに訓練を行った。


 米空軍の爆撃作戦指揮官ライアン・シンプソン氏は「安全で効果的な方法で、夜間飛行と夜間訓練を行うことは、米国と日本が共有するべき重要なスキル」と述べた。


 東シナ海で米日の航空機が共同訓練したことは、ドイツG20会期中に開かれる予定の、今年2回目となるトランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談で、緊迫する北朝鮮のミサイル・核問題の重要性をさらに引き上げることになる。


 日本の国家安全保障に詳しい情報筋は、日本の英字メディア「日経アジア・レビュー」の取材に対し、北朝鮮のミサイルが核弾頭を搭載して日本に着弾させる能力がある同紙記者に語っている。


 米空軍広報によると、今回の共同訓練により、同盟国として戦術的能力を向上させ、「二国間の信頼と強固な関係を構築することができた」と述べた。

(編集・甲斐天海)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below