Reuters logo
ハンディキャップを背負ったシャチ ハンティング・リーダーに変身
2017年7月11日 / 23:29 / 4ヶ月後

ハンディキャップを背負ったシャチ ハンティング・リーダーに変身


*08:22JST ハンディキャップを背負ったシャチ ハンティング・リーダーに変身
 弱肉強食が徹底し、捕食できなくなったら取り残される動物の世界。しかし、中には仲間に助けられながら、大きく成長していく動物もいるようです。ハンディキャップを背負ったシャチが、群れのリーダーになるまで成長したケースをご紹介します。


 2013年、ツアーコンダクター兼カメラマンのレイナー(Rainer)さんとシルク・スキムフさん(SilkeSchimpf)夫妻は、シャチを観察するため、南アフリカのケープタウン近くの海にやってきました。その時、群れの中で目立っていたのが、片方の胸びれがなく、背びれも欠けていた一匹のシャチ。まだ小さかったこのシャチは群れから離れ、泳ぎもぎこちなく、非常にゆっくりでした。夫妻はこのシャチを「シラ(Sira)」と名付けましたが、ハンディキャップがあるため自分で餌を捕獲することはできないだろうと思っていました。


 それから4年後、夫妻はマリンツアーの参加者たちと共に同じ場所を訪れました。するとその時、群れの中に身体に特徴のあるシャチを発見。それは、4.5メートル~5メートルになるまで成長し、群れのリーダー的存在になっているシラでした。ハンディキャップを背負っていましたが、仲間のメンバーがどうやら彼に餌を分け与えていたのでしょう。大きく成長したシラとの再会に、夫妻は大変喜びました。


 更に、スキムフ夫妻は、シラのグループに背びれが曲がっているメスのシャチがいることを発見しました。シラは仲間たちと餌を分け合い、ハンディキャップを持つ他のシャチの世話もしているようです。


 周りの助けを借りながら、強くなるだけでなく他のシャチを思いやるほど成長したシラ。逆境は人を強くするといいますが、動物にも同じことが言えるのかもしれません。

(翻訳編集・豊山)



【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below