Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・玉木氏:政府はEUと同じレベルの情報公開を速やかに行うべき
2017年7月12日 / 05:55 / 4ヶ月後

政治から読み解く【経済と日本株】民進・玉木氏:政府はEUと同じレベルの情報公開を速やかに行うべき


*14:52JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・玉木氏:政府はEUと同じレベルの情報公開を速やかに行うべき
民進・玉木氏は「日・EUのEPA協定に情報公開の差。 またかという感じ。 TPP交渉の時もそうだったが、こうした不誠実な対応が、経済連携協定への信頼感を損ねていく。 政府は少なくともEUと同じレベルの情報公開を速やかに行うべきだ。」とツイート(7/12)

日EU経済連携協定(EPA)に関するファクトシートによると、米について関税削減・撤廃等からの「除外」を確保したほか、麦・乳製品の国家貿易制度、糖価調整制度、豚肉の差額関税制度といった基本制度の維持、関税割当てやセーフガードなどの有効な措置を獲得し,農林水産業の再生産が引き続き可能となる国境措置を確保。
・乳製品のうち,ソフト系チーズについては,TPPで関税撤廃や関税削減となったものも含め一括して関税割当てに留め、枠数量については,意欲ある酪農家の生産拡大の取組に水を差さないよう,国産と輸入を含めた国内消費の動向を考慮して国産の生産拡大と両立できる範囲に留めた。また、脱脂粉乳・バターについては国家貿易を維持した上で,限定的な民間貿易枠を設定するに留めたほか,TPPでは関税撤廃となったホエイを関税削減に留めた。
・豚肉は,差額関税制度を維持し,分岐点価格を維持したほか,長期の関税削減期間と輸入急増に対するセーフガードを確保した。
牛肉は,長期の関税削減期間と輸入急増に対するセーフガードを確保した。
・ 林産物は,構造用集成材等の即時関税撤廃を回避し、一定の関税撤廃期間を確保した。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below