Reuters logo
欧州議会議員Eva Kaili氏、ブロックチェーンやICO、規制を語る
2017年7月13日 / 12:48 / 4ヶ月後

欧州議会議員Eva Kaili氏、ブロックチェーンやICO、規制を語る


*21:42JST 欧州議会議員Eva Kaili氏、ブロックチェーンやICO、規制を語る
EvaKaili氏は、PanhellenicSocialistMovement(PASOK)を代表する欧州議会のギリシャの議員であり、以前はテレビニュースのプレゼンターをしていた。議会の科学技術オプション評価(STOA)パネルの議長を務める彼女は、人工知能、フィンテック、ブロックチェーンなどの新しい技術の可能性を調査する役割を担っている。
そんな彼女に、FinanceMagnatesは、ヨーロッパの技術の将来性についてのインタビューを行った。インタビューはライブで放送され、ビデオ録画は視聴することができる。
EvaKaili氏
ブロックチェーンを介した投票、将来の経済における銀行の役割、ビットコイン移転の不可逆性を規制する可能性、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の規制を作成するためのタイムテーブル、および現在の暗号解読ソリューションの潜在的なリスク、その他について議論を行った。
2017年5月、EvaKaili氏は、ブリュッセルの議会ビルで「ブロックチェーンへのスポットライト:新しい世代のデジタルサービス」と題して、デジタル台帳技術に対する意識を高めるためのイベントを開催した。
主催者によるイベントの雰囲気は、仮想通貨とブロックチェーン技術の双方が、広く行き渡っている経済システムを破壊する可能性について非常に前向きだった。EvaKaili氏がその時にこういっている。「もし銀行がブロックチェーンが権威から認可されている通貨と競争していると考えないのなら、ブロックチェーンや仮想通貨については理解できないだろう」
彼らは、ブロックチェーンテクノロジが金融、知的財産権、民主主義、エネルギー、サプライチェーン、スマートコンタクトなどをどのように改革できるかについて話し合った。
今年の早い時期、欧州委員会は、2年間にわたって50万ユーロの概算予算で、「EUBlockchainObservatory」を設立するためのサービス契約の入札を開始する予定であると発表した。
出典:FinanceMagnates


【ニュース提供・エムトレ】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below