Reuters logo
コラム【新潮流2.0】:動かない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
2017年7月26日 / 00:58 / 4ヶ月後

コラム【新潮流2.0】:動かない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:53JST コラム【新潮流2.0】:動かない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆日銀による巨額の購入で国債市場が干上がって久しい。流動性が枯渇して、取引が成立しない日もある。そんなところに「イールドカーブ・コントロール」である。国債利回りを釘付けにするわけだから債券価格は動かない。これでは国債ディーラーの仕事はあがったりである。実際に、ディーラー職を削減しようという金融機関も出始めた。

◆株式のディーラーはとっくの昔に廃業の憂き目にあっている。東証の取引システム、「アローヘッド」が高速化し、いまや注文応答時間は 0.5ミリ秒未満。実際には猛烈な速さで価格は動いているのだが、人間の目にはまるで動いていないように見える。こうなると板にある「玉」をとらえて「1カイ2ヤリ」で売買してさやを抜くといった昔ながらのディーラーのやり方では機械に敵わない。なにしろ人間の視力では追いつけない速さなのだから。コンピュータによるHFT(高速高頻度取引)によってほとんどのディーラーは駆逐されてしまったのである。

◆ところがそのHFTもこのところリターンが出なくなっている。ひとつの理由はマーケットが波乱なく安定しているからだ。債券市場も株式市場もボラティリティは記録的な低水準にある。ボラティリティが低下すると取引量も減る。これは当たり前で、相場が動くからリターンをあげようと取引に参加するのである。動かないなら誰も取引しようがない。HFTが縦横無尽に稼げるのはじゅうぶんな流動性があってこそ。「板」がスカスカではHFTといえども、儲ける機会がないのである。

◆要は「動かない」のは人間にとっても機械にとっても困るのだ。流動性と変動性はマーケットの「空気」みたいなもの。「空気」がなくてはディーラーやトレーダーは息ができない。プレーヤーが窒息死してしまっては、マーケット自体が成り立たない。市場に「空気」を注入し、一刻も早くこの息苦しい相場を終わらせる必要がある。寝苦しい夜が続くが、熱帯夜は長くてもお盆過ぎには終わるだろう。相場のほうも8月下旬のジャクソンホールあたりが転機となりそうだ。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:7/24配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below