Reuters logo
売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始
2017年8月9日 / 09:05 / 2ヶ月前

売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始


*18:04JST 売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始
株式会社SBI証券【関東財務局長(金商)第44号】は、FinTech技術活用の一環として、日本電気株式会社(NEC)とAI(人工知能)を売買審査業務に適用する実証実験を開始した。
SBI証券の売買審査業務は、不公正取引の可能性のある注文を、あらかじめ設定した基準によって、システム的に幅広く抽出し、そのデータのなかから審査担当者が不公正取引の可能性を判断、疑いのあるものについては更に詳細な調査を進める2段階のフローとなっている。しかし、初期調査のデータが多いため、審査担当者の業務効率が上がらない課題を抱えていた。近年の売買審査業務は、不公正取引の複雑化等により、審査対象が拡大しており、不公正取引の疑いのある注文を正確かつ迅速に判断することが、より重要になってきている。

今回の実証実験では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」ひとつであるディープラーニング技術を搭載した「NEC Advanced Analytics RAPID機械学習」を導入。過去の不公正取引を「RAPID機械学習」に学習させることで、審査担当者による初期調査の大部分を「RAPID機械学習」が判断し、その結果、審査担当者の業務を減らし、より高度な分析が必要な取引に注力することができるはずである。

これまではあらかじめ設定した内容に基づき不公正取引を調査してきたが、「RAPID機械学習」により、これまで発見が難しかった新たな不公正取引の傾向もつかむことができると考えている。


【ニュース提供・エムトレ】



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below