Reuters logo
いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONE PAY」スタート
2017年8月9日 / 11:20 / 1ヶ月前

いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONE PAY」スタート


*20:20JST いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONE PAY」スタート
ウォルト株式会社は、2017年8月8日から、いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONEPAY(ワンペイ)」をスタートさせた。

「ONEPAY」はまったく新しいカード決済ターミナル。お金の受け取り側がアプリをインストールし、支払う人のカードをスキャンするだけで決済が完了するというもの。

■ONEPAYの特徴

(1)究極的にミニマルなコスト設計(月額手数料・初期費用・解約費用は一切無料。追加決済端末もなし)。

(2)最短1分での登録(審査を一切なくし、最短1分での登録を実現)。

(3)最高に便利な出金機能(売上金は、いつでも好きなタイミングで何回でも出金可能。日本国内ほぼすべての金融機関に対応)。

(4)主要クレジットカードに対応(Visa、MasterCardだけでなくAmericanExpressにも対応、プラスチックカードだけでなく、バーチャルカードでの決済も可能)。

■利用シーン

・個人間の売買
・小規模のお店や塾などの支払い
・パーティー/レッスン/勉強会の参加費集金(割り勘徴収)
・ポップアップストアや屋台での利用

■手数料

・決済ごとに5%
・出金ごとに300円

■最高経営責任者の山内奏人氏のコメント

「シェアリング・エコノミーの爆発的な普及により、さまざまな世代の個人がこれまで以上に手軽にお金をやり取りできるアプリが必要だと考えました。ONEPAYはさまざまな決済方法に対応し、よりユーザーに求められるサービスに高めていきます」


【ニュース提供・エムトレ】



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below