Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進党:緊張が高まる現下の北朝鮮情勢に対する見解
2017年8月18日 / 12:28 / 1ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進党:緊張が高まる現下の北朝鮮情勢に対する見解


*21:23JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進党:緊張が高まる現下の北朝鮮情勢に対する見解
民進党安全保障調査会は18日、「緊張が高まる現下の北朝鮮情勢に対する見解」を発表した。発表された見解によると、北朝鮮の米領グアム周辺海域に弾道ミサイル4発を同時発射することを検討、準備していることについて、「累次の国連安保理決議に明白に違反し、断じて容認できない挑発行為である」と指摘し、北朝鮮が速やかに計画を撤回し、更なるミサイル発射を繰り返さないよう強く求めている。

また、北朝鮮のミサイル発射や核開発阻止のためには、「先般安保理で採択した追加決議はじめ経済制裁を徹底する必要がある。強固な日米同盟を背景に、韓国、中国とも緊密に協議することが極めて重要である」との見解を表明している。

なお、政府に対しては、日本にミサイルが落下するなど不測の事態に備え、PAC3の適切な展開を含め国民の安全確保に万全の態勢をとるよう求めた。民進党は、北朝鮮側とトランプ米大統領の双方が相手側を厳しい言葉で非難し、米朝間の緊張が高まっていることを強く懸念しているようだ。トランプ大統領に対しては、「武力行使につながりかねない過激な発言を控えるべき」、「安倍総理も、日本国政府として自制を求めるべきである」と要請している。



《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below