Reuters logo
ガラパゴス諸島で中国船拿捕 数千匹のサメを密漁か
2017年8月21日 / 11:30 / 3ヶ月後

ガラパゴス諸島で中国船拿捕 数千匹のサメを密漁か


*20:30JST ガラパゴス諸島で中国船拿捕 数千匹のサメを密漁か
 南米エクアドルのガラパゴス諸島の沖合で密漁を行ったとして、同国海軍は13日、中国籍の漁船を拿捕し、乗組員20人を逮捕した。米UPIが15日に報じた。


 拿捕された中国籍の漁船FuYuanYuLeng999号は同国のガラパゴス国立公園の海洋保護区で数千匹のサメを密漁した疑いを持たれている。拿捕された当時、漁船に300トンのサメなどが積まれており、そのほとんどが国際的な団体から「絶滅危惧種」に指定されているシュモクザメ。中国料理でフカヒレの原料として使われているため、サメの密漁は後が絶たない。


 ガラパゴス国立公園を管理するワルテル・ブストス氏は地元紙エルに対し、海洋保護区内で拿捕された密漁の船としては過去最大規模だと述べた。

(翻訳編集・李沐恩)







【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below