Reuters logo
NYの視点:ドラギECB総裁、テーパリング計画発表も速やかな対応には警戒か
2017年8月21日 / 22:41 / 1ヶ月前

NYの視点:ドラギECB総裁、テーパリング計画発表も速やかな対応には警戒か


*07:38JST NYの視点:ドラギECB総裁、テーパリング計画発表も速やかな対応には警戒か
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるカンザスシティー連銀主催の連邦準備制度理事会(FRB)年次シンポジウムで25日の昼食会に講演を行う。

今回の講演は、量的緩和(QE)の必要性を説明した2014年の講演と同様、ドラギECB総裁義総裁が2018年にQEを終了することを裏付ける証拠を提示する「絶好の機会」になると見られている。ドラギECB総裁は成長を証明し、前回の講演で強調した問題点が解決しつつある進展を説明する可能性がある。

1)失業率が大幅に低下。ユーロ圏6月の失業率は9.1%と、2009年2月来で最低となった。

2)成長率が改善。2014年6月時点のユーロ圏の12か月の成長は1.1%だった。現在の成長ペースは2.2%。

3)遅いながらもインフレが目標に向けた進展が見られる。2014年7月時点の12か月のインフレ率は0.4%。最新は1.3%。

ECBは2018年に緩和策を削減する基盤を形成する。しかし、過程はおそらくかなりの慎重なものになる。7月の定例理事会の議事要旨によると、委員はテーパリングを織り込むユーロの上昇に懸念を表明し、速やかなテーパリングを実施するとの印象を投資家に植え付けるシグナルを出さないよう慎重。

このため、中央銀行は金融緩和の縮小を可能にする状況の進展を強調する一方で、債券購入などの成長を支援する措置を速やかに解消することがないことも念を押すと見られる。このため、ユーロは根強いテーパリング観測に買戻しが続くが、上値も限定的となるか可能性がある。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below