Reuters logo
私たちは仮想通貨に鍵をかけたままにしておくことができない、ロシア政界の長老はいう
2017年8月28日 / 02:49 / 3ヶ月後

私たちは仮想通貨に鍵をかけたままにしておくことができない、ロシア政界の長老はいう


*11:39JST 私たちは仮想通貨に鍵をかけたままにしておくことができない、ロシア政界の長老はいう
ロシアの第一副首相であるIgorShuvalov氏は、ロシアが独自の仮想通貨(BitRuble)を採択する計画を繰り返している。
IgorShuvalov氏写真出典:ja.wikipedia.org/
現地のニュースネットワークのRBCに、いわゆる「BitRuble」について語ったところによると、IgorShuvalov氏は、ロシアのセキュリティサービスであるロシア連邦保安庁(FSB)が、すでに潜在的なセキュリティの抜け穴を事前に検討していると語った。
「私は、仮想通貨ルーブル(BitRuble)が現実となることを支持している」と彼は言った。「ブロックチェーンについて議論するにあたっては、政府、中央銀行、FSBなど、慎重に行動することに合意した」
IgorShuvalov氏は、将来のブロックチェーンに基づいた通貨の管理された性質について、これまでのコメントに沿って、「国民経済に害を及ぼす」というリスクはないと繰り返した。
「仮想通貨は鍵を閉めて閉じこめ続けておくことはできず、仮想通貨は進化し続けるだろう」とIgorShuvalov氏。「しかしそれは、国家経済に害を及ぼさない方法で進歩すべきだが、むしろ経済は強化されるはずだ」
政府の情報筋は、「BitRuble」は発売されれば、唯一の正式に承認された、取引可能な仮想通貨になるとあらかじめ述べていたが、ビットコインや他の仮想通貨資産に対する厳格な規制は来年のことになる。
出典:Cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below