Reuters logo
北朝鮮のミサイル発射の影響は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年8月29日 / 03:03 / 3ヶ月後

北朝鮮のミサイル発射の影響は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*11:58JST 北朝鮮のミサイル発射の影響は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日は金市場についてレポートします。

北朝鮮が日本時弾道ミサイルを北東方向に発射し、北海道の襟裳岬上空を通過、午前6時12分頃襟裳岬の東1180キロの太平洋上に落下したと報道されています。北朝鮮のミサイルが日本列島を飛び越えたのは2009年4月以来7年ぶりとなりました。今年に入って13回目のミサイル発射とされています。地政学リスクが意識され、金が買われるのでは、と予想をした方も多いのではないでしょうか。

レポートでは足元の値動きについて、『NY金の電子取引は、今朝5時時点では1315ドルでしたが、北朝鮮のミサイル発射を受けて一時1327ドルまで上昇し、現在は1321ドル付近で推移しております』と伝えています。

ミサイル発射の影響については、『現在のNY金の電子取引は、昨日15:15から22ドルも上昇しましたが、北朝鮮のミサイル発射後の上げ幅は6ドル幅程度です。「北朝鮮のミサイル発射」のインパクトは大きいものの、意外にもミサイル発射後からのNY金の電子取引の上げ幅は限定的のようです』と分析しています。

また為替への影響に関しても『ドル円は、ミサイル発射前の水準から50銭ほど円高に進み、ミサイル発射後からの円高進行も限定的のようです』との見解となっています。

とはいえ今朝の東京株式市場では日経平均が前日比130円79銭安でスタートするなど幅広い銘柄が売られている状況です。アメリカの対応などを含めて引き続き注視していきたいところですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の8月29日付「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below