Reuters logo
中印両国、対峙を解消へ 
2017年8月30日 / 05:35 / 3ヶ月後

中印両国、対峙を解消へ 


*14:29JST 中印両国、対峙を解消へ 
 中国とブータンの領有権係争地・ドクラム地区(中国名・洞朗)」で2カ月以上睨み合いを続けてきた中印両軍が「迅速な撤退」で合意したと、インド当局は28日、発表した。ただ、中国軍は今後も駐屯を続けると主張し、領土問題の火種が完全に消えたとは言えない。


 中国の福建省アモイで9月3~5日に開催される新興5カ国(BRICS)首脳会議に中印も参加するため、双方は事態の沈静化を図ったとみられる。


 中国外務省の華春瑩・報道官は28日の記者会見で、インド側が譲歩し撤退すると強調し、中国軍は規模を縮小させるものの「警備と駐屯を続ける」と述べた。


 一部の情報によると、28日午後2時半ごろ、インド軍はすでに撤収を開始した。中国側は現場に留まり、確認作業をしているもようだという。


 ドクラム地区をめぐっては、中国とブータンがともに領有権を主張し駐屯している。中国軍が6月中旬ごろ、ブータンとの境界線付近で道路建設を始めたことに対して、ブータン政府は中国に抗議を申し出た。ブータンの外交保護国とも言われるインドの軍隊は境界線を越えて工事を阻止し、中国がインド軍の施設を破壊するなど事態が一時緊迫した。以来、両軍が現場で対峙を続けてきた。

(翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below