Reuters logo
「翼の生えたトラクター」は北朝鮮の最強武器?
2017年9月1日 / 01:39 / 3ヶ月前

「翼の生えたトラクター」は北朝鮮の最強武器?


*10:32JST 「翼の生えたトラクター」は北朝鮮の最強武器?
度重なるミサイルを発射する北朝鮮は軍事力の向上に注力している。しかし、北朝鮮軍の装備はほとんど旧ソ連時代の小型兵器、または中国か北朝鮮で作られた模倣品ばかりだ。軍事専門家は、その時代遅れの兵器は武器ハイテク化が進む今では、意外な戦闘力となると指摘する。

北朝鮮がかつて公開した軍事訓練の映像では、70年前に開発された旧ソ連時代の小型輸送機「翼の生えたトラクター」ともよばれたアントノフ2から、北朝鮮軍の空挺部隊の兵士が降下するシーンがあった。

1940年代に初飛行したノスタルジックな機体は、北朝鮮では「現役」だ。米FOXニュースは29日、同機種に関する軍事専門家の分析を以下のように紹介した。

「機体が木製であるうえ、飛行高度が低いことから、レーダーに探知されにくく、偵察機が尾行するのも困難。核ミサイルの輸送目的で使う場合、韓国の監視をくぐり抜ける可能性がある」。

アントノフ2は飛行速度が遅く、離着陸しやすいという特徴から、滑走路が短くて条件が整っていない飛行場にも順応する。一部の機種は極寒などの悪天候にも強い。

北朝鮮が2015年にアントノフ2をはじめて導入し、今はおよそ200機を保有している。機体の上部をブルー、下部をグリーンにペイントするなど、監視を逃れる工夫を施している。

翻訳編集・叶清

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below