Reuters logo
中国軍高官2人、異例な同時失脚
2017年9月1日 / 06:49 / 3ヶ月後

中国軍高官2人、異例な同時失脚


*15:44JST 中国軍高官2人、異例な同時失脚
 中国の前統合参謀部参謀長の房峰輝・上将(66)と、中央軍事委政治工作部主任の張陽・上将(66)は「厳重な紀律違反」のため、調査を受けていると伝えられた。軍事委メンバー11人のうち、2人が同時に失脚するのは異例なことだ。


 香港紙・星島日報(1日付)は情報筋の話として習近平主席が調査を命じたという。その狙いは、「軍内江派人員である郭伯雄、徐才厚の勢力を根絶するため」で、「19大で次期中央軍事委メンバー選定への布石」だという。


 房氏は8月15日に、北朝鮮の核・ミサイル問題で訪中した米軍制服組トップのジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長と北京で会談したばかりだ。中国国防省は同26日に突然、房氏の後任参謀長として李作成・陸軍司令官が就任したことを公表した。


 房氏は郭伯雄と同郷で、郭が蘭州軍区トップ時代の元部下だった。2003年に広州軍区の参謀長を務め、07年に北京軍区司令官、12年に軍総参謀長に昇進した。


 一方、張氏は長い間、広州軍区第42集団軍の政治部主任、同軍区政治部主任や政治委員などを歴任した。12年に軍総政治部主任に任命された。軍内「政治将校」と呼ばれる徐才厚の派閥に属する。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below