Reuters logo
「波の音を聞く」全盲のプロサーファー
2017年9月4日 / 00:59 / 3ヶ月後

「波の音を聞く」全盲のプロサーファー


*09:47JST 「波の音を聞く」全盲のプロサーファー
 何かを始めたいと思っても、「どうせ自分には無理」と最初から諦めていませんか? 時間がないとか、身体的あるいは金銭的な理由もあるでしょう。でも、全盲のブラジル人サーファー、デレック・ラベロさん(DerekRabelo)が波乗りする姿を見たら、不可能なことはないと思えるかもしれません。


 デレックさんがサーファーの父親に勧められ、初めて波乗りに挑戦したのは17歳のとき。それ以来、彼は友人と共に練習を重ね、数年後には自在に波に乗れるようになっていました。生まれつき全盲だった彼は、研ぎ澄まされた聴覚で波の音を聞き分け、波に乗る方向を決めるといいます。






 2012年、世界中のプロサーファーを魅了するハワイ・パイプラインの世界大会に出場したデレックさん。パワフルな高波に乗りだし、悠々と滑るように波に乗る彼のテクニックに、多くの人が息を呑みました。その後、彼は世界各地の海でサーフィンをしながら、講演活動を行っています。


 デレックさんには今年、嬉しいニュースがありました。オーストラリアのビーチで知り合ったドイツ人の女性マデリーン・クナートさん(MadelineKunert)と、2月に結婚式を挙げたのです。彼はフェイスブックの中で「僕にできるのは、君の美しさに感謝することだけ。そして君に出会えたことを神に感謝している」とコメントしています。


 「泳ぐことも、スケートボードも、バイクも乗れる。神がいれば、すべては可能です」と語るデレックさん。「すべての人が、熱意と献身さえあれば、神から与えられた能力を磨くことができるのです」


 誰もが危険で不可能だと思っていたことを、見事にやり遂げたデレックさん。今後は、世界で最も高い波がブレイクするポルトガル、タヒチ、ハワイでサーフィンをし、ドキュメンタリーを制作して多くの人々を勇気づけたいと語っています。

(文・郭丹丹)





【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below