Reuters logo
「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ
2017年9月4日 / 00:59 / 18日前

「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ


*09:47JST 「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ
 8月下旬、台北で開かれた大学生の国際大会「ユニバーシアード」では、日本代表選手団が金メダル獲得数37個で参加国中1位となる大活躍をみせた。この輝かしい成績のほかに注目を集めたのは、選手たちによる公園の清掃活動だ。台湾では「これぞスポーツマンシップ」と称える声が相次いだ。


 8月29日、選手村が置かれる新北市林口区地域のFacebookグループ「林口大家族」に参加するユーザが投稿した写真には、「JAPAN」のロゴつきTシャツを着た日本選手たちが、ほうきとちり取りを手に、公園を清掃している様子が収められていた。
  


 また別の写真を、蔡淑君・新北市議が「素晴らしいです」とコメントをつけて投稿。台湾のネットユーザは「これを『お国柄』というのでは」「これぞスポーツマンシップ」「見習うべき」「台湾人は顔面から汗をかくわ(恥ずかしい)」「日本の成功は道徳教育にある。清潔な環境は人々を守り、周囲に感動を与える」と、選手たちの行動を称えたり、清掃に対する自省の念を示すコメントが続いた。


 日本のネットでも「日本人として誇らしい」「褒めて頂いたことに感謝」「良い指導者がいる」「小さなことでも地域の役に立てた、ということは(選手の)自信に繋がったんじゃないかな」「自分も競技場で掃除やゴミ拾いをしていた(中略)ただ単に技術や体力をつけるだけじゃない。スポーツを通じて学ぶことは多い」と、選手たちの外国での行動を好意的に受け止める声が集まった。


 この清掃活動の日は、日本チームにとって、サッカー決勝フランス戦当日の朝。結果は報じられているとおり、3大会ぶり6度目の優勝を収めた。


 今回のユニバーシアードは、130を超える国と地域から7000人以上の選手が参加。12日間の日程を終えて、8月30日に閉幕した。日本は金メダル37、銀メダル27、銅メダル37の計101個と史上最高の成績を収めた。

(編集・甲斐天海)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below