Reuters logo
NYの視点:ECBの9月定例理事会、ハト派姿勢維持か
2017年9月6日 / 22:44 / 15日前

NYの視点:ECBの9月定例理事会、ハト派姿勢維持か


*07:36JST NYの視点:ECBの9月定例理事会、ハト派姿勢維持か
欧州中央銀行(ECB)は定例理事会を7日に開催する。ECBはこの会合で、政策金利を据え置くと見られている。焦点は、1)ドラギ総裁が果たして資産購入プログラムの縮小計画を発表するかどうか、2)ユーロ高に言及されるかどうか、だ。

エコノミストはECBによるテーパリングの発表時期の見通しを当初の9月から早くて10月に先送りした。コンセンサスはECBが2018年1月から9か月間かけてQEを廃止していき、2019年に利上げに踏み切る、というもの。

関係筋の話として、ECBがQEに関し、決定に至るのは10月26日以降になるという。今回の会合では、2018年のQEシナリオに関する文書を検討するが公式な案とはならない模様。また、金利に関するフォワードガイダンスの変更を協議する可能性も指摘されている。さらに、発表が予定されている2018−19年のインフレ見通しも小幅引き下げられる模様。

早期のテーパリング観測の後退で、ユーロの上昇が一段落する可能性がある。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below