Reuters logo
NYの視点:ECBは10年ぶりユーロ高牽制へ
2017年9月7日 / 22:51 / 16日前

NYの視点:ECBは10年ぶりユーロ高牽制へ


*07:48JST NYの視点:ECBは10年ぶりユーロ高牽制へ
欧州中央銀行(ECB)は注目となっていた定例理事会で政策金利やフォワードガイダンスを据え置くことを決定し、量的緩和(QE)縮小計画の発表を見送った。同時に発表した見通しに中で、インフレ見通しを引き下げる一方で、2017年度のGDPの成長見通しを2.2%に引き上げ。2007年以降で最高に達すると見ていることを明らかにした。

会合後の会見で、ドラギ総裁は10月に大部分のQEを決定することになるだろうと述べた。さらに、本日の会合で、成長、インフレ、通貨がテーマとなったと指摘。為替に関し、今までは、「目標ではなくインフレや経済に影響する一因となる」との言及にとどめていた。しかし、今回は、為替の変動が不確実性の一因となっているとし、為替の変動に懸念を表明した。為替を政策決定に考慮する必要があると加えた。ECBがユーロ高牽制を行うのは10年ぶりとなる。

為替市場ではECBによるユーロ高牽制にもかかわらず、緩和策縮小の思惑を受けたユーロ買いが継続。対ドルではひとつの心理的な節目となる1.2ドルも突破した。市場は今後、ECBのユーロ上値目標を探っていくことになる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below