Reuters logo
犬は何故チョコレートを食べてはいけないのか
2017年9月8日 / 04:57 / 2ヶ月後

犬は何故チョコレートを食べてはいけないのか


*13:47JST 犬は何故チョコレートを食べてはいけないのか
 飼い主が何かを食べていると、犬がそれをおねだりすることはありませんか?多くの飼い主はつい美味しい物を可愛いペットにあげたくなりますが、ここで気をつけなければならないのは、チョコレートを決して犬に与えてはいけないことです。


 アメリカの情報サイト「MentalFloss」によると、チョコレートにはテオブロミン(theobromine)という成分が含まれており、人間はそれを体内で分解することができますが、犬にとっては厄介なものになります。テオブロミンはカカオ、茶、コーラなどにも含まれており、カフェインに類似する物質で、呼吸器、心臓、筋肉、大脳に対して強い興奮作用をもたらします。


 米国獣医師会(AmericanVeterinaryMedicalAssociation)会長マイク・トッパー(MikeTopper)氏は、「犬はテオブロミンを分解し代謝する速度が人間より遅く、摂取すると体の具合が悪くなる」と指摘しています。犬がチョコレートを食べると、口の渇き、下痢、嘔吐、発熱、興奮などの症状が出たり、ひどい時には痙攣や不整脈が現れ、死に至ることもあります。


 トッパー氏は、万が一、犬がチョコレートを食べてしまったら、2時間以内に獣医による催吐剤や静脈内輸液の処置を受けさせ、テオブロミンを体外へ排出することを勧めています。


 なお、チョコレートの種類や犬の大きさ、また犬の健康状況によってテオブロミンの影響も異なります。一般的にブラックチョコレートはミルクチョコレートよりテオブロミンを多く含み、小型犬の方がより症状が強く出やすいとトッパー氏は指摘しています。

(翻訳編集・豊山)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below