Reuters logo
北京近郊で人工地震多発、憶測飛び交う
2017年9月12日 / 08:22 / 13日前

北京近郊で人工地震多発、憶測飛び交う


*17:15JST 北京近郊で人工地震多発、憶測飛び交う
 中国地震局公式ホームページは10日、同日午前3時4分、北京市南西部近郊の門頭溝地区でマグニチュード2.1(M2.1)の地震が発生、震源の深さは0メートルと発表した。震源は、同市中心部から約40キロの地点。ネットでは、人工地震との憶測が飛び交っている。


 人工地震は、爆破、地下核実験などの人工的な動作で引き起こされる地震。


 昨年末から、同地区で人工地震が多発している。当局の発表では、昨年11月から、門頭溝地区で今回を除いて2回(M2.5、M2.8)、隣接する房山区で2回(M2.0、M2.8)の人工地震が起きた。震源の深さはいずれも0メートルで、北京地震局は沈下、陥没などによる振動であり、自然地震ではないという。


 立て続けに発生する人工地震に、インターネットでは「門頭溝に秘密基地があるのか。北朝鮮同様に、何かの実験を行っているのか」など憶測が飛び交っている。


 (翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below