Reuters logo
高井ひろえの注目Q&A:日本初「ビットコイン建社債」の意義とは?
2017年9月14日 / 11:30 / 2ヶ月前

高井ひろえの注目Q&A:日本初「ビットコイン建社債」の意義とは?


*20:30JST 高井ひろえの注目Q&A:日本初「ビットコイン建社債」の意義とは?
こんにちは、フィスコマーケットレポーターの高井ひろえです。「高井ひろえの注目Q&A」として、フィスコアプリのQ&Aで興味深い質問をピックアップしてご紹介してまいります。
今週、注目した質問は「ビットコイン建社債について」です。

質問:
「フィスコ仮想通貨取引所が発行したビットコイン建社債の意義を教えて下さい。ヘッジしなくても大丈夫なのでしょうか」

この質問には、フィスコ仮想通貨取引所、代表取締役の越智直樹さんが回答してくれています。

回答:
「このたびの日本初のビットコイン建て社債(本BTC債)のフィスコグループ内での試験発行は、仮想通貨を用いた新たな資金調達方法の実用化に向けた第一歩として大きな意義があるものと考えております。

フィスコグループでは、本BTC債の推移とマーケットとの対話の結果を踏まえて、今後も拡大が期待される仮想通貨市場において、今後はフィスコグループ外の事業会社に対する同様のスキームの展開を検討するなど、仮想通貨の新たな可能性を引き出していく所存です。また、最新の動向や投資情報を積極的に配信し、さらなる仮想通貨の普及を目指してまいります。

本BTC債の資金使途は公開しておりませんが、ヘッジについては、対日本円ベースではなくビットコインベースで運用する限りにおいて、ヘッジの必要性は乏しいものと考えております」

「高井ひろえの注目Q&A」は、フィスコアプリで公開された質問を高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。その他の質問は無料のスマートフォンアプリ「FISCO(フィスコ)」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below